レッツ!資産運用 貯金を増やすお金の話

資産運用の必要性

資産運用の必要性というのは、まず自分自身でライフ・プランを作成すると、どれくらいの費用がかかるか分かります。またその実現には・収入・蓄えからまかなうことになります。しかし、将来の収入への不安、現在の低金利から十分に用意できる人は少ないのではないのかと思います。また、借金でカバーする方法もありますが、これは後々大きな負担となることは目に見えて明らかです。将来の収入への不安があるならなおさらだと思います。そこで資産運用の必要性が出てきくるのです。例えば、老後の生活費は月額25万円~35万円ほどと言われていますが65歳から85歳まで生きると考えると、6,000万円~8,400万円かかることになります。老後の生活費1億円と言われる所以がここにあるのです。仮に半分が公的年金でまかなわれると考えたとしても、3~4,000万円は自分で用意する必要があると言うことになります。これを今の低金利と言われている時代に預貯金だけで貯められる事は不可能ではないかと思います。また、国は何かしてくれるのでしょうか?年金制度はどうなるのでしょうか?これを解決する方法は、ただ一つ。自分の身は自分で守る必要があると言うことなのです。そのために正しい理解の下で投資を行うわけです。すでに年金では、給付額が固定の「確定給付型年金」から拠出する保険料が固定で、給付額が変動となる「確定拠出型年金」に移行してきています。つまり、運用の責任が個人に移ってきていると言うことです。誰もが資産運用を理解し、実行しなければならない時代になってきているのです。資産運用というと「リスク」を考える人も多いと思いますが、ライフ・プランに基づいたパーソナル・ファイナンスの世界では、このリスクとうまく付き合うことが出来ます。逆に言いますと、リスクとうまく付き合うためには、パーソナル・ファイナンスの考え方が 必要ということなのです。

レッツ!資産運用 is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme